HDMIをUSB Type-C DP Altで出力できるデバイスまとめ

最近ではモバイルディスプレイなどで「USB Type-Cケーブル一本で接続可能」といったデバイスが増えてきましたが。USB Type-C→HDMI出力はUSBハブや変換コネクタなど多数ありますが、逆のHDMI→USB Type-C出力についてはカメラなどの映像系、AR/VR、液晶ペンタブレットなど映像の入出力を行う機器のオプションとして販売されているものがあるのみなので、情報まとめてみました。

USBはデータ通信、給電(充電)などに使われる規格ですが、USB Type-Cの規格にはオルタネートモード(Alternate Mode/Altモード)というものがあり、USB Type-Cのケーブルで映像信号(Display Port)を流せるようになっています。
つまりUSB Type-Cという規格は「電源供給」、「データ通信」、「映像信号伝達」の3つの機能を同時に果たすことが可能になっています。

この「電源供給」と「映像信号」を同時に賄うことで「USB Type-Cケーブル一本で接続する」ことを可能にしています。また、Nreal AirなどのVR/ARグラスなどの映像入力が可能なデバイスでもType-Cで映像と電源をやり取りしているモデルがあります。
USB Type-Cケーブル経由で映像信号をやり取りするには、出力デバイス、ケーブル、入力デバイスのすべてがAltモードに対応している必要があります。
最近のノートパソコン等などではAltモードに対応したUSB Type-Cコネクタが付いていることが多く、その代わり映像出力用のHDMIポート等が多くなっています。スマートフォンなども本体のUSB Type-Cコネクタから映像出力(ミラーリング等)ができるモデルも結構あります。
Altモードで映像信号が出力されているUSB Type-CコネクタからHDMI信号を取り出すには「HDMI出力ポートが付いているUSBハブ(や変換アダプタ)」などがあればよいので、比較的簡単です。

問題は「入力側はType-Cで映像信号が入力可能だが、出力側がHDMIしか付いていないデバイス」を用いる場合で、この場合には「HDMIのデータをType-C Altモードの信号に変換するなんらかのデバイス」が必要になります。
※HDMI「出力ポート」が付いてるType-C USBハブを逆差ししても「入力」にはなりません。変換コネクタ等も基本Type-C→HDMI出力するタイプなので利用できません。
※※厳密にはAltモードで流れている信号はDisplayPort(DP)の信号なのでHDMIの信号とは出力解像度の上限等で違いがあります

 

GOOVIS HC2.0

GOOVISというHMDデバイスのオプションとして販売されているHDMI>USBType-CAltモード変換アダプタです。
HMDデバイスのオプションというニッチなデバイスなせいもあってか、Nreal Airなどで需要が上がっているので入手は安定していないようです。

 

Wacom Link Plus

イラストやクリエイター用途で使われているWacomの液晶ペンタブレット用のデバイスです。入力がUSBType-C Altモードのみになっている液晶ペンタブレットにHDMI出力の機器を接続するためのデバイスです。
それなりに需要がある製品なので、入手しやすいメリットがあります。

 

Amazonベーシック USB-Cディスプレーポートケーブル 双方向


AmazonブランドのType-C<>ディスプレイポートの変換ケーブルです。双方向なのでType-C入力のデバイスにも使える模様。DHMIではなくディスプレイポートなので用途は限られます。0.9mと1.8mのものがあります。

 

Club 3D CAC-1336

8K/30Hzや4K/120Hzといった高解像度&高リフレッシュレートでの映像出力をサポートする変換ケーブル。電源供給に対応していない(この手のデバイスではほとんどがそうですが)所為か「モバイルディスプレイは接続しないでください」との表記があります。

 

MSL hd2usbc

比較的安価ですが、電源供給(5V1A)用のMicroUSB入力コネクタがある珍しいモデル。

 

USB – C USB 3.1デュアルポートPCI Express

変換デバイスではないですが、PCI Expressのコネクタが開いているデスクトップPCに直接Altモード対応のUSB Type-Cコネクタを増設するボードです。

 

 

 

Club 3D CAC-1333/CAC-1334


いわゆる変換アダプタに近いタイプ、ケーブルの長さ違いで2タイプ。Type-Cへの電源供給がされないアダプタなので、Nreal Airやモバイルモニタなど「Type-C経由で電源供給が必要なデバイス」には利用できないので注意が必要。