VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)でThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

image

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)はLenovoのThinkPad Helix(20CG/20CH 2015モデル)のオプションが使用できるのでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみました。

キーボードにはミゾが入っていて差し込んで使います。無線ではなく端子接続タイプなのでOSのセットアップなどでも使えます(外した状態では使えません)。
USBポート(USB2.0)が1ポートついています。タブレット本体が1ポートなので貴重と言えば貴重です。キーボード横に純正のペンを入れるスロットがついていて、購入時にはキャップがはまっているのでスロットを使う場合には無理矢理外します。

キータッチはLenovoキーボードらしくシッカリとしたつくり。キーのがたつきやキーボードj全体でしなるとかは無し。
Thinkpadキーボードと名打っていますがThinkpadおなじみの赤いトラックポイントはついておらずトラックパッドのみ。トラックパッドは面積狭めですが、感度は高いのでそれなりに操作できる感じ。二本指スワイプでスクロール等も対応。

キーボードには水平向きのツメもついていて、ノートパソコンの様に倒した状態でしまうことができます。ノッチとかはついていないので簡単に外れますがカバンの中への収納や保護には便利。画面を表にした状態でもはまります、スタンドも無いしキーボードも使えないのでUSB1ポート分しか意味はありませんが。

タブレットをはめ込むミゾ部分は割とピッタリはまるので一体感は結構あってキーボード持ち上げただけでタブレット本体が倒れる、というようなことはなさげ。

image

のこの一体感がくせ者で、液晶保護シートを貼っていると差し込み時に引っかかったりします。固定用のツメが液晶保護シートに1~2mm引っかかる感じ。

液晶保護シートを貼る前とあととで刺し比べてみたんですが液晶保護シートがない方がスッキリはまります。液晶保護シートを貼っている場合には一度前の方に倒した状態から差し込んで奥に倒すと良い感じです。

液晶保護シートの厚みや貼った位置によっては液晶保護シートが引っかかって浮いたり剥がれたりしそうです。あまり気になるようならギリギリに貼るか、いっそ1~2mm切ってしまうのが良いでしょう。

キーボードの厚さがちょっとある(一番厚いスミで25.4mm)のと、軽い(553g)とはいえタブレット込みだと1.3kgちょいになってしまうのでモバイル的には悩ましいところでしょうか。外して使えないので絵描き用途ならBluetoothキーボード&スタンドの方が良いですね。
全体的には質感も安っぽく無く、キーも打ちやすいので使いやすいキーボードだと思います。タブレット用途メインでも持っているとノートパソコン的にも使えるので一台持っているのはありかな、という印象。

・そのほかの記事
VersaPro J タイプVSにWindows10をインストールする 

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する 

VersaPro J タイプVSでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する

SSD容量が128GBなのはちょっと心細いので分解して交換してみたいと思います。

基本的にはM2のSSDが動きます。今回交換したのは手元にあったCrucialのMX200でした、今だと後継のMX300ですかね。

Crucial 内蔵SSD 2.5インチ MX300 525GB  M.2 CT525MX300SSD4

VersaPro JタイプVSはLenovoのThinkPad Helix(20CG/20CH)と中身まったく一緒のモデルなんですが、ThinkPad HelixだとNVMeの512GBSSDも選べたのでNVMeタイプも対応しているようです(発熱とか放熱考えるとちょっと心配ですが)。

今回交換したのは既に持ってたVJ12C/S-Kモデルの方です。発売時期やモデル(SIM・指紋認証等)によって内部構造若干違いますが、PC-VK12CSKE56FKでも基本的な手順は一緒かと思います。

・そのほかの記事
VersaPro J タイプVSにWindows10をインストールする 

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する 

VersaPro J タイプVSでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器

最初に念のためVersaProの方でUSBメモリに回復ドライブを作成しておきます。
VersaProにUSBメモリを差して

Windows8.1  の「コントロールパネル」→(「小さいアイコン」)→「回復」→「回復ドライブの作成」→「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。」でUSBメモリに回復ドライブが作成されます。
※「回復パーティションを削除します」を選ぶとVersaPro内の回復領域が削除されちゃうので注意。

※Windows8.1が入ってるVersaProにWindows10を(ライセンスキー入力無しで)新規インストールする事は可能でしたが、空っぽのSSDにWindows10インストールするには有効なライセンス(シリアルキー)が必要になる筈なので、二度手間になりますが、SSDの交換前にいったんWindows10にしてマイクロソフトアカウントでライセンスの紐付けを行って、交換後SSDに新規にWindows10インストールするのが早いんじゃ無いかと思います。

※※以下の作業はタブレットの破壊・故障の原因となることがありますので注意して自己責任でおねがいします※※

VersaPro JタイプVSはLenovoのThinkPad Helix(20CG/20CH)と中身まったく一緒のモデルなので、メンテナンスマニュアル(PDF)が公開されてるのでまずは一読します。

ThinkPad Helix ハードウェア保守マニュアル マシン・タイプ: 20CG および 20CH
分解は48pあたりから

image

最初に電源を切っておきます。マニュアル48ページの『内蔵バッテリーの無効化』を参照してバッテリーを無効化するか、電源4~8秒くらい長押しして電源を切ります。ACアダプタ側の短辺に分解用ヘラ(ギターのピック使いました)を差し込んで、カバーのツメの引っかかりを外しながらぐるっと回していきます。
ヘラは2枚用意しておいて最初の一枚は刺したままにしておくと作業しやすいですね。

image

分解写真、通常のシャットダウンだけでガワ開けたらLEDついてて焦りました。ちゃんと電源切ってから開けましょう。Thikpad Helixだと裏面のThikpadロゴのiの字のところにLEDが来るようになってます。

VersaProは慈悲も無く蓋されちゃいますが。

左上の銀色部分がM.2 SSDです。

image

M.2 SSD

はネジ1本止めです。

SSDにはナイロン被覆がついてるので皮膜を新しいSSDに入れ直してネジで固定し、最初と逆の作業でカバーを付ければ作業完了。

VersaPro JタイプVSはUSBのところにカバーついてるんですが、そのうち引きちぎりそう&外すの面倒な人はこの機に取ってしまうと良いかも。マイナスドライバーでツメを押しつけながらうまく引っ張ると抜けます。

全体的を通して難しい作業工程は無いんですが、ヘラをいれてカバーを開けていく作業は、力加減を誤るとカバーのツメを折りそうになるので注意です。(一カ所くらいなら折れても固定支障ないとは思いますが)

SSDの交換が終了したら最初に作った回復ドライブからリカバリをするなり、Windows10をインストールするなりで。

外したM2のSSDはUSBのリムーバブルアダプタに入れて再利用する手もありますね。

・そのほかの記事
VersaPro J タイプVSにWindows10をインストールする 

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する 

VersaPro J タイプVSでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK VK12C/S-K)にWindows10をインストールする

久しぶりにWindows8.1使ったら思ったよりも使いづらかったのでWindows10にすることにしました。結論から先に言うと、2016年11月の次点でライセンス追加無しでそのままWindow10新規インストールできました。

用意したもの:USBメモリ×2

1つはWindows10インストール用(8GB)、もう1つはバックアップ用(16GB)です。

マイクロソフトのWindows 10サイトから「MediaCreationTool」をダウンロードしてきます(ツールを今すぐダウンロードをクリック)。

image

PCにUSBメモリを差してMediaCreationToolを実行し「他のPC用のインストールメディアを作る」を選び、「日本語/Windows10/64bit」でUSBメモリのWindows10インストーラーを作ります。実行時にデータをダウンロードしてくるのでAnniversaryアップデート以降の新しいインストーラーになるようです。

※フォーマットするんでUSBメモリの中身は全部消えます。

念のためVersaProの方でUSBメモリに回復ドライブを作成しておきます。VersaProのストレージ内に回復領域入ってるのでそちらから復元できるっちゃできるんですが、Windows10に入れ替えちゃうので念のためUSBにも回復ドライブ作ります。

VersaProにUSBメモリを差して、「コントロールパネル」→(「小さいアイコン」)→「回復」→「回復ドライブの作成」→「回復パーティションをPCから回復ドライブにコピーします。」でUSBメモリに回復ドライブが作成されます。
※「回復パーティションを削除します」を選ぶとVersaPro内の回復領域が削除されちゃうので注意。

VaerserProはUSBポートが1ポートしかないのでUSBメモリを刺しているとキーボードマウスが使えません、インストール時にはBluetoothキーボードとか使えなくなるので、通常はUSBハブとかを用意する必要があるんですが…VersaProの起動時に「To interrupt nomal startup, press Enter or tap here」と出ているのでひょっとしてタッチパネル効くのかな、って思っ触ってみたら効くんですよコレ。
ということでさっき作ったWindows10インストーラUSBをVersaProに差して、電源を入れ「To interrupt nomal~」と出ている最中に文字あたりをタップ、設定画面に切り替わるのでF12のあたりをタッチしてBootMenuへ。
USBメモリのデバイス名(メーカ名&型番等)をタッチするとWindows10のインストーラが立ち上がり始めます。

「カスタム:Windowsのみをインストールする(詳細設定)」を選んで、Windows8.1が入ってる「ドライブ0パーティション4(103.7GB)」を選択して「フォーマット」すると「次へ」を選べるようになります。「次へ」を選ぶとWindows10のインストールが開始されます。
あとはアカウント設定なんかをしつつ起動するまで見てるだけ。

image

Windows10になりました。

本当にタッチパネルだけでインストールできるんですね…凄い。

ライセンスも認証済みに。Windows10へのアップデートは1年で終了しましたが、新規インストールの場合にはそのままできる、という状況が続いているおかげで新規にライセンス用意しなくてもWindows8.1が入ったPCにWindow10の新規インストールは可能みたいです。この状態でマイクロソフトアカウントでログインしておけばアカウントに紐付く筈なので、今後SSD交換とかしてもそのまま新規にWindows10のインストールしても同じアカウントでログインすれば良い(はず)。

起動後すぐにデバイスマネージャを見ると、かなりのデバイスにはてなマークがつくんですが、しばらく放っておくとドライバが更新されていきます。

image

1個を除いてドライバが当たりました。
この状態でペンの認識・調整やスリープ&復帰も可能でした。

NECからWindows10用のドライバが公開されていてタイプVSの項目から必要なドライバが落とせます。

NEC Windows 10ドライバ

NECのドライバはアップデートされてないっぽいですが、LenovoのThinkPad Helix(20CG/20CH)用のドライバは順次アップデートされているのでそちらを入れる手もあります。

ThinkPad Helix (マシンタイプ 20CG, 20CH)

サポートグラフィックやサウンドなど機能不足であればドライバを入れた方が良いですが、中には不都合がでる場合もあるようです。

Windows10アップグレード時にスリープから復帰できないトラブル経験したことがあるので下手にドライバ追加せずコレでいいかな、という気がしないでもないところ。

・そのほかの記事
VersaPro J タイプVSにWindows10をインストールする 

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する 

VersaPro J タイプVSでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器

NECのタブレットです。

image

先日PC-VK12CSKE56FK(VK12C/S-K)がセールしてました。

wacomのペンが使えてCoreM、フルHD(1920×1080)解像度という代物です。現状メイン作業タブレットになってて外出時はこれで作業(全体の8割くらい)してるので予備機をポチりました。

PC-VK12CSKE56FK | あきばお~ネット本店

一度在庫復活したみたいですが、またすぐ売り切れたみたいです。Amazonだとセール値よりちょい高めですけど在庫有り。この性能でWacomペン対応ならコレでも安い気もします。

PC-VK12CSKE56FK (Amazon)

ということで

VersaPro J タイプVS で使える周辺機器まとめてみました。

・そのほかの記事
VersaPro J タイプVSにWindows10をインストールする 

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する 

VersaPro J タイプVSでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器

このVersaPro J タイプVSシリーズ、CPUがCore M-5Y71(1.2Ghz)搭載のモデルはデジタイザペン対応液晶搭載です(下位モデルのCoreM-5Y10(0.8Ghz)搭載モデルは非対応)、いわゆる

feel IT Technologies

系のペンですね。最近のアクティブ静電結合方式(ペン軸に電池を入れるタイプ)とは互換性がありません。

標準でペンが付属しますが、軸が細め&ペン先の消耗などの問題もあるため追加でペンを購入するのも良いと思います。

●ペン

feel IT Technologies

系のペンなら概ね動作するっぽいですが主な奴だけ。

・富士通 スタイラスペン デジタイザペン
背面消しゴム有り、サイドスイッチ2ボタン、ペン先はIntuos互換のものなので替え芯の入手が容易。 比較的安価、他のペンと比べるとペン先とポインタ若干位置がズレるようなので、標準ペンや他のペンと併用する場合には注意(このペンのみで調整して利用する分には問題なし)。

image

・Wacom グリップペン UP-911E-02DD
背面消しゴム有り、サイドスイッチ2ボタン、ペン先はIntuos互換。
Intuos旧モデル付属のペン、最近のIntuosペンと比べるとちょっと細いですが使い心地は近い感じで描きやすい。お絵かき向け。

image

・Wacom Bamboo Stylus feel CS300UK
消しゴム無し、サイドスイッチ1ボタン、ペン先は細めの独自タイプ。
キャップがつくのでモバイル用途向き(?)、キャップがはまる関係でサイドスイッチはあまり目立たない突起。ゴム状のペン先がついてくるので独特の描き心地です。 質感もシッカリしていて描き心地も良いのですが、プレ値ついたり流通的にちょっと入手困難気味。

image

・Bamboo Smart for Samsung Galaxy Note CS310UK

消しゴム無し、サイドスイッチ1ボタン、ペン先は細めの独自タイプ。 そこそこ安い感じ。Galaxy用となってますが

feel IT Technologies系なので使えます、上のCS300UKと似たような構造ですが作りが安っぽい感じです。あとペン先の換えが入手できるかどうかは微妙です。

image

・TAB-MATE CONTROLLER
ペンではないですがいわゆる「左手左手デバイス」として、USB接続なのでこれ使うとポート埋まっちゃいますが、絵を描くときにはあると便利。

image

 

 

●カバー・保護ケース・ACアダプタ

VersaPro J タイプVSはLenovoのThinkPad Helix(20CG/20CH 2015モデル)とほぼ同じというか、背面パネル以外は中身一緒なのでThinkPad Helix対応機器は流用できます。旧モデル(CPUがcore-iのThinkpadHelix)用の機器は使えないので注意。

・クイックショット・カバー 4X40G41583
液晶カバー、広げて折り返すとスタンドにもなります(在庫・流通等既にあまり無い模様)。

image

サンワサプライ タブレットマルチサイズケース(11インチ 汎用・スタンド機能付き) PDA-TABGST11
ちょっとキツめですがピッタリはまるようです、 スタンド機能つきですが499gと重さ&厚さは結構ある感じ。

image


・サンワサプライ タブレットケース(NEC VersaPro タイプVS) PDA-TABN4
サンワサプライから出ている専用ケース、スタンド機能付き。スリングとスタンド裏に手を通すバンド付き。すこし軽めですが磁石内臓のため付属のペン操作に影響出る模様。

image

・ThinkPad Tablet 36W ACアダプター 4X20E75066
ACアダプターもLenovoのが使えます、安いので予備・モバイル用に。
※写真だと判りづらいですがHelix・Thinkpad10用などの角形コネクタ(約7×3mm)は薄型タブレット用なのでX1カーボン・ノートPC用の大きい角形コネクタとは別物です。型番で言うと4X20H56547と0B47458は大きいコネクタなので使えません、4X20E75066のみ対応。(旧thinkpad用丸形ジャック→角型変換ジャックなんかも大きい角型用なので注意)

image

 

●液晶保護フィルム

image

・Lenovo ThinkPad Helix 液晶保護フィルム 20CG006DJP 反射防止(マット)タイプ
安めの保護シートマットタイプ

・Lenovo ThinkPad Helix 液晶保護フィルム 20CG006DJP 防指紋(クリア)タイプ
安めの保護シートクリアタイプ

・サンワサプライ NEC VersaPro/Pro J タイプVS対応ブルーライトカット液晶保護指紋反射防止フィルム LCD-NVS2BCAR
ブルーライトカットの保護フィルム

 

●保護カバー

Surface Pro4よりも若干長辺が長い&短辺が短いサイズなので少し大きめのものであればSurface Pro用がちょうど良い感じ。Macbook11.6型用も若干大きめですが悪くない感じです。ウルトラブックキーボード(4X30G93883)と組み合わせるなら一回り大きいMacbook13.3型の方を。

・Surface Pro4 用 スリップインケース ヨコ入れ ブラック TBC-SFPY1503BK
ピッタリサイズのカバー、ペンホルダーもついてます。

image

 

・エレコム Surface Pro4 スリップインポーチ セミハード タッチペン収納可 ブラック TB-MSP4WSHPBK
タテ入れタイプ、ペンホルダー付き。

image

 

・サンワサプライ Mac Book Air用PCインナーケース 11.6型ワイドIN-MAC11BK

安めのインナーケース

image

 

 

●キーボード

・NEC LaVie Tab W用 デタッチャブルキーボード
NEC純正ですが値段考えるとちょっと現実的ではないですね。

image

・レノボ ThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)
こっちの方が安いのでデタッチャブルキーボード付けるならThinkPad Helixのウルトラブックキーボードの方が妥当ですね。組み合わせるとノートPC的に使えます。スタンドはめ込みなので角度調整は不可。Thinkpad名義ですがトラックポイント無しのタッチパッド操作です。
使用レビュー

image

レノボ・ジャパン ThinkPad Helix フォリオキーボード-日本語


いわゆるカバー型のキーボード、あまり厚みが無い&スタンド代わりになるのがメリット。膝の上とかでは使いづらいのと値段が少々お高め。タッチパッドのみ。

image

Lenovo ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイントキーボード(0B47181)

多少値段張りますが打鍵感も良く、軽くてシンプルなBluetooth(ワイヤレス)キーボード、トラックポイントがついているのでマウス無しでも運用可。

image

PCとタブレットタブレット用途を併用したりお絵かきで使うならタブレット用スタンドなんかを併用してBluetoothキーボードもお勧めです。2~3千円くらいのBluetoothキーボードでも良いんですが、キー配置が変則的だったりUS配列(記号の位置等が違う)なモノも多いので購入時にはチェックが必要です。

・そのほかの記事
VersaPro J タイプVSにWindows10をインストールする 

VersaPro J タイプVSのSSDを交換する 

VersaPro J タイプVSでThinkPad Helix ウルトラブックキーボード(4X30G93883)を使ってみた

VersaPro J タイプVS(PC-VK12CSKE56FK)で使える周辺機器