Type-Cケーブル一本でつながる13.3インチ高解像度モバイルモニタ、mageDok 1332K-3レビュー

mageDokの1332K-3というモバイルモニタのレビューです。

1332K-3の特徴としては

・13.3インチ2K(2560 * 1440)解像度、厚さ9.8mm重量590g
・Type-cケーブル一本で接続可能
・2万円を切る高コスパ

という感じです。

モバイルモニター

持ち運べるモニター、いわゆるモバイルモニターですが基本的には8~10インチのものが多く、基本的には小型のサブモニター的な立ち位置でした。
メイン作業用にそれなりのサイズを使いたいと思うとOnlapのモニタなどもありましたが、ちょっと物足りないHD解像度であったり、結構お値段高かったりと選択肢も少ない感じでした。しかし去年あたりからお手頃なものが増えてきたのでひとつ試してみました。

ということで今回購入したのはAmazonのCorkea 13.3インチ2Kモバイルモニターです。中身的には、というか届いたパッケージはmageDokの1332K-3でした。
mageDokの公式サイトにスペックが載っています。

梱包されているのは、スタンド、電源用のType-c<>USBケーブル、HDMI<>ミニhdmiケーブル。

PC側のHDMI出力とモニターをつなぎ、USBに電源を差し込めばモニターが認識されます。ドライバー等のインストールは特になし、楽で良いですね。

さすがに100%スケールだと小さくて操作し辛いですね。文字スケールを125%~150%くらいに調整するとよい感じ。

グレアパネルですが色味や視野角、明るさはそこそこちゃんとしていて、写真の現像やイラスト作成などもある程度できそうな感じ。
本体は金属筐体で重量は590g。持ってみるとサイズの割に軽い印象です、筐体の強度面も特に不安はなく、VESAマウント穴も付いているのでアームに取り付ける、といった運用も可能です。

電源、画質調整などのボタンはサイドに、スピーカーは裏面に実装。メニューは若干わかりづらさもありますが、基本的な機能はそろっている感じ。
HDR対応とのことですが、メニューの項目に「DCR」がありこれをオンにするとHDR表示になるようです。

ケーブル1本で接続

さて、このモニターの最大の特徴は、HDMIだけでなくType-cケーブル一本でつながることです。
最近のPCではUSBType-cのジャックに映像信号が乗るようになっていることが多く、対応しているPCと1332K-3とをType-cケーブルでつなぐと、電源の供給と映像信号をケーブル一本でまかなうことができます。

Type-cケーブル一本でつなげる場合には、USB-Cケーブルの「USB 3.1 Gen2に対応するケーブル」が必要になります。モニタ本体には梱包されていませんので別途購入する必要があるので注意。

サブモニターとして使うのも良いですし、モバイル系のPCにつないでメインモニターとして使うのも良いと思います。

ケーブル一本でつながる、というのはモバイル用途では本当に楽です。GPD社などの最近流行りのミニPCにつなぐのも良い感じですね。

 

オプションや追加装備

グレア液晶ですが、液晶表面はガラス等ではなく防御力は皆無なので、持ち運ぶ場合には保護シート張ったり、ブラケット入れるなどしてそれなりに注意する必要があります。個人的な好みの問題でノングレアの保護シート張りました。サイズはエレコムのがジャストサイズでそのまま張れます。

ケースはMacbook11のものが幅・奥行きもほぼピッタリでした。生地に厚みもあって液晶面の保護にも良いです。


付属のスタンドは結構重量があります。高さも確保できるのでこれはこれで良いと思いますが、持ち出すなら軽いものに交換するのも有りです。

 

総評

2k解像度(2560*1440)で表示できて、ケーブル一本でつながるモバイルモニタ、これで2万円を切るのはコスパ最高かなという感じです。

 

mageDok  1332K-4

mageDokからは次世代機(マイナーチェンジ版?)の1332K-4も出ているようです。USB TypeC端子が二つ増えていて、片方をUSBの充電器やモバイルバッテリーにつなぐと、もう片方につながっているスマートフォンやNintendoSwitchなどに電力供給できる模様です。