Glafitバイクのミラーを延長してみた

Graffitバイク | ガジェット

Glafitバイクは原付なので当然ミラーが付いてるんですが、実際に乗ってみるとミラーの位置に結構問題があり、パーツを追加してミラーを延長してみました。

身長や体格にもよると思うんですが、Glafitバイクに乗った状態でミラーを見ると…

半分くらいは身体が映り込んでしまって後方が確認し辛い状態です。ミラーの位置が内側すぎるのが原因なので、角度や位置を調整してみても状況はあまり改善しませんでした。

最高時速のことを考えると車に追い抜かれることが日常茶飯事なGlafitバイクなので、この状況はちょっと怖いです。
ということで「タナックス バイクミラー オフセットホルダー45 ブラックSA-25」を追加して状況を改善してみます。

オフセットホルダーはバイクのミラーの根元に取り付けることによって45mmほど位置をズラせるアイテムです。
元々のミラーホルダーに取り付けました。

※取り付けには六角レンチはM8(8mm)が必要でした、あまり使わないサイズなので持ってなければ併せて用意する必要があります。

オフセットホルダー自体の高さも2cmほどあるのでその分ミラー位置が高くなる(身体にかぶりにくくなる)のもメリットといえばメリットですね。

取り付けてからミラーを見ると後方が確認しやすくなりました。これで安心です。

※バーエンド(ハンドルの外側)に取り付けるミラーに交換する、という手もあるんですが、原付のミラー(右側)は保安基準があって最低サイズ等を下回ると基準違反になり、自転車用のミラーは適応してないものも多いので、交換する場合には注意が必要です。
ハンドルは外径22.2㎜、内径18.5㎜だそうです、参考までに。

タナックス バイクミラー オフセットホルダー45 ブラックSA-25
image

Gunpla L型六角棒レンチセット 9本組 ボールポイント ロングアーム
image